HTC desire(X06HT)の純正戻しをしました。


 

決まり文句ですが、以下の手順を試してみて何かが起こっても自己責任でお願いします!

うちのdesireはフォントの入れ替えから始まり、S-OFF、パーティションの変更、カスタムROM焼きといろいろ頑張ってもらいました。
そろそろ純正に戻してみようかな。と思ったのが運の尽き。。始まりでした。

手順としましては、非常に簡単で公式ROMがXDAにて紹介されていましたのでそのRUUを実行するだけです。
(本当はこれだけですが、後述の通り非常に苦労致しました。。。)
ちなみにですが、この純正戻し後OTAでのアップデートも無事成功しています。

まず、PCを用意致します。
もちろんAndroid携帯がいじれるようドライバやツール(ADB、FASTBOOT)を入れておきます。
・・・純正戻しをしようと思う方は当然揃っているかと思いますが、、、
ここで注意。Windows7 64bitの場合はRUUが強制終了してしまう場合があります。
自分はXP modeに環境を作ってそこで実行しました。

次にRUUをダウンロードしてきます。

[ROM] Official HTC Desire RUU ROMS and OTA Update URLs
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=695667

純正はほとんどの方はSoftbankだと思いますので、
RUU_Bravo_SoftBank_JP_1.18.762.7_Radio_32.34.00.28 U_4.05.00.30_2_release_128910_signed.exe
というファイルをダウンロードしていきます。

ダウンロードが完了したら、PCにandorid携帯を接続してRUUを実行します。
RUUが完了しました。と出れば純正戻し完了です!

 

と素直に終われば良いのですが、自分の場合はここでハマりました・・・

・110 ファイルを開けませんでした

進捗が55%付近になったときにこのエラー。
エラーメッセージでは完全なRUUをダウンロードしなおしてください。といったニュアンスの文章が出てきますが、
ほとんどの場合大嘘です!

はじめはRUUがいけないのかと思いそこらじゅうからダウンロードしまくりましたが結果はNG。
ハッシュもあっていたのでファイルは大丈夫でした。

いろんな情報を探し求めてはみたもののキーになるものは皆無・・・途方にくれていました。

ちなみに一度RUUの実行に失敗すると「RUU失敗モード」という意味不明なモードに移行してしまいます。
このモードになってしまうと、PCからのFASTBOOTでしか再起動すらできません。
ということはRecoveryモードも使えないです。

ここで半文鎮状態で諦める人がいるかも知れません。(自分は諦めそうになりました。。。)

ただ、FASTBOOTとRUUは何回でもできますので、あきらめないでください。

なぜそうなったか・・・

そういえば純正戻しっていうことはパーティションは
/system 250M
/cache 40M
/data 147M

今の状態はカスタムROMを入れているため、
/system 145M
/cache 5M
/data 287M

・・・あーーーっ!

RUUは全自動という言葉を信じてこんな事実を見逃していました。
ということでAlphaRevからbravo_alphaspl.imgをダウンロード。

PCのC:直下に置いて
RUU失敗モードの画面のままのAndroid携帯を接続。

fastboot flash hboot bravo_alphaspl.img
fastboot reboot-bootloader
fastboot erase cache

こちらを 実行して再チャレンジ。

これでRUUが無事に完了しました。

わかってしまうと非常に簡単なミスでしたが、たどり着くまでに環境やRUU本体の問題について語られていることが多く、見つけづらいかもしれません。

さすがのRUUも全自動でパーティションまでいじってはくれないようですね。

皆様もお気をつけ下さい。

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. kome より:

    わたしもここで詰まっていたので為になりました。
    ありがとうございます!

    • kuronyankotan より:

      お役に立てて本当に本当に光栄です!!!
      こちらこそありがとうございます(・ω・、)ノ

  2. i love your blog, i have it in my rss reader and always like new things coming up from it.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です