フリーランスで5年生きるために大事だと思ったこと

2018年7月2日

どうもくろにゃんこたんです。
僕が個人事業主として正式に開業したのが、2012年7月7日なのです。
なので、無事に開業届を出してから丸6年が経とうとしています。

ちなみにフリーランスとして独立したのは2012年2月20日なので、すでに7年目真っ只中です。
(開業届を4ヶ月も出してなかったんですよねぇ。。今から考えるともったいない笑)

この6年いろんなことがありましたがこれを期にフリーランスとして学んだことを、あなたの参考になればと思い書いてみます。

フリーランスとして大事な3つのマインド

自分なりに大事だなと思うことはいっぱいあるのですが、最初なので3つピックアップします。

マメであれ

一番実は大事な才能だと思っています。
僕なんか足元にも及ばないほど大物でもマメです。本当にマメ。これに尽きます。

これだけだと意味がわからないで終わってしまいますので、ちょっと具体的な例だと、

◯毎日連絡を見過ごしていないかチェックする
割と当たり前ですね。コミュニケーションツールが爆発的に増えた今、メールチェック、電話チェック、LINEチェック、Chatworkチェック、Slackチェック、SNSチェック、自宅や事務所の郵便物チェック。。。
たくさんありますよね。ほとんど通知機能があるのでチェックしたつもりになりますが、意識してチェックしないと大変なことになります。
ほとんどリモートのフリーランスにとって、こういった連絡は生命線です。当たり前だと思うのですが、案外出来なくて消えていった人も結構知っています。
音信不通は怖いです。

また、郵便物は軽視すると痛い目を見る(税の払い忘れなど・・・)のでアナログですが、毎日欠かさずチェックします。

◯レシートを記帳する
ついサボりがちになるのは本業と関係無いところ。
特に財務です。お金にうるさいのは必然的に悪だと思ってしまうこともあるのですが、使ったお金をしっかり会計ソフトに記帳するのはせめて3日に一回、一週間に一回はまとめてやってしまいましょう。
私物と消耗品を買ったときなどは特に忘れずに、消耗品に該当するものだけ分かるようマーキングして記帳して、ファイリングします。

◯掃除をする
これまた当たり前なのですが、僕のように自宅=オフィスだと案外後回しになりがちです。
風水的とかもありますが、せめてマウスが動かせるスペース位は確保できるように2日に一回位は読んだ資料や紙類などは片付けましょう。

2018/06/29追記
◯無駄かもしれないことを熱心に続ける
僕の場合は、mixiゲームのまりもや現実に買ってきたまりもの水換えが既に8年経過しています。
水換えしても特に変化もなく、かと言って続けないと枯れてしまいます。
ゲームでもなんでも良いのですが、一見無駄かもしれないものをせっせとやり続けることって大事なのかなと思います。

2018/07/02追記

僕のまりもです(笑)

要は自分の生活に負荷を掛けること無く、以下に無意識のルーチンに効率化して落とし込めるか。という案外難しい話になってきますが。。。
誰だって面倒なことはやらなくなってくるのが人間の常ですので、ちょっと面倒なことを面倒だと思わない思考が必要になってきます。
フリーランスはやればやるだけ、収益が上がり、やらないとすぐに収益が落ち込むことが多いと思います。
面倒なことをなんとも思わない。けど効率は落ちないように組み込む。出来ないならアウトソーシングするっていうのも考えられるのが大事かなと。
フリーランスなんて一人で出来ることなんて大したことないので、以下にスピードと効率を追求していくかが勝負になります。

自分を律する

いきなり偉そうなんですが、上述したマメにも共通するところです。
人間生活リズムというものがありまして・・・それをナメた生活をしているとかなり痛い目をみます。。。(実感済み)
多分最初の1,2年位はできるかもしれませんが、同じような生活を10年続けられるのかと考えたとき、生活リズムは大事になってきます。
会社員だとほとんどの場合通勤や出勤、退勤があるので、ある程度は毎日にリズムができるのですが、
起きて仕事→寝て仕事終了→起きて仕事→endressEndless
というような生活になってしまうと、すぐに身体に来ます。
リズム感が崩れてしまうと、例えばお酒を飲むのも夜ではなくて、昼に飲んだりしてしまうことがあります。
フリーランスは自由に時間が使える。とは言いますが、あまり自由にしすぎると知らないうちにフリーランスを続けられない状態になりかねません。

日記をつけたり、一週間を振り返る時間を持ったりして、自分の生活や仕事はどうだったか。見つめ直すことはとっても大事です。

ちなみにおすすめは、朝4時か5時くらいから2時間、一人で黙々と日記を書いたり、今の仕事の整理マインドマップを書いたりする時間を1週間に一度位とるのがいいかなと思います。(もちろんシラフでね)
1年を12分割、1月に4分割位がちょうどいい節目で分かりやすいですし。

変化を楽しむ

フリーランスを3年続ける人と5年以上続けている人の違いはやっぱりこれです。
そりゃぁ5年以上続けていると本業以外にも色々とあります。
僕の場合は、結婚、出産(僕は産んでない)、マンション購入、出産(僕は産んでない)、幼稚園入園(僕じゃない)と怒涛のライフイベントラッシュでした。もうあとは自分の葬式くらいじゃないですかね。

昔は独立ってだけで、結婚に不安があると言われたり、
ノマド生活も出産~幼稚園入園とともに落ち着きました。
(ちなみに、不安があると言われたのは近親者ではありませんのできにしてません)

やっぱり子供優先の生活になるので、昔のように妻とふたり旅で九州まで行きながら仕事。というわけには行かなくなりました。
といっても移動生活の片鱗は残っていて、今でも土日には東京、名古屋、静岡あたりまではサクッと出かけますし、沖縄も行ってます

結婚したから安定した職業に就かないと、とか
子供が居るんだから旦那はちゃんとした職業に就かないと、とか
よく言われると思いますが、むしろフリーランスで良かったと思っています。普通なら言われたら無意識レベルで安定した職を求めるようなマインドになってしまいがちですが、ここで踏ん張れる人は続くのかなぁと思います。

扶養控除や国民健康保険は要チェック。

突然実務的な話ですが、ライフイベントが起こるたびに確定申告の申請欄が増えます。
子供が生まれたら扶養控除、健康保険は住んでいる街によって違うので要調査。こうやって税金についても必然的に詳しくなっているはず。
5年もやってて詳しくなってないなら数十万以上損してますよ(・ω・)ノ

まとめ

まだまだ書ききれていないところはありますので、ツッコミや質問などいただければもっと書きます!

フリーランスはゴールか

よく独立したらいわゆるアガリ状態のように思えるのですが、合わない人は本当に合わないです。むしろフリーランスなんてバカみたいな生き方はほとんどの人にはおすすめしません。

会社員だから駄目とかフリーランスだから良いとかそんなことは無駄な先入観でしかありません。
その人にはその人の生き方がありますので、例えば毎日子供と接する事ができるとか、仕事に専念して家族を守るとかどれも良いと思います。
僕だって未だに会社員の社会保険があったらいいのになぁとは思いますので。。。笑

ですが、フリーランスとして独立するということは、ある時プツンと仕事が無くなったら終わりです。だれも保障してくれません。
フリーランスとしてあり続けられることに感謝だけは忘れないようこれからも精進していきたいと思います。

なりたいという方は@kuronyankotanまで気軽にご相談ください(´ω`)
超上から目線でご連絡します笑