さくらのレンタルサーバ上でPHPでメール送信したときにGmailで「経由」を外す」

久しぶりにレンタルサーバ小ネタです。

レンタルサーバからPHPのmb_send_mailでメール送信と言うのは非常によく使う手なのですが、
これだとGmailで受信した時に「経由」が表示されてしまう場合があります。

ざっとマスクしていますが、こんな感じです。
独自ドメインなのに、sakura経由と表示されてしまいます。
ちょっと見た目が悪いですね。。。

サーバ側の対策

・SPFレコードの設定
ドメインのSPFレコードの設定
こちらはまぁ一般的として・・・

PHP側対策

mb_send_mail($to , $subject , $message,$from);

だいたい上記の様な書き方をされていると思いますが、エンベロープを更に追加します。

mb_send_mail($to , $subject , $message,$from,"-f ".$from);

ちょっと雑な感じもしますが、これで「経由」表示と送信元が独自ドメインに切り替わります。
mb_send_mail — エンコード変換を行ってメールを送信する
このように実は公式にも書いてあったりします。

additional_parameter
この方法でエンベロープの sender ヘッダ(-f)を設定する際は、 ‘X-Warning’ ヘッダが付加されないように Web サーバーの実行ユーザーを sendmail 設定に追加しておく必要があるかもしれません。 sendmail を利用している場合、これは /etc/mail/trusted-users で設定します。

この方法を取ったとしてもメールのソースを見たらバレてしまうのですが、、、
あくまで対処方法の一つとしてお試しください(´ω`)