100円ショップのリモートシャッターを使ってプレゼンリモコンにしてしまおう(・ω・)ノ

2017年11月2日

こんにちは、くろにゃんこたんです。
今回は100円ショップ最王手のダイソーさんからまたまた面白そうなデバイスが発売されていましたので、ご紹介です。

こちら、Bluetooth対応リモートシャッター。
Bluetoothで繋がるならPCとつなげたらなんとかスニファーで読めるんじゃないかなとか思っていたのですが、

ダイソー Bluetooth リモコンシャッターのボタンは VolumeUp キー
http://d.hatena.ne.jp/wakwak_koba/20170831

こちらに先駆者がいらっしゃいました。

どうやら
上の「iOS」ボタン → ボリュームアップキー
下の「Android」ボタン → Return + ボリュームアップキー
という設定が書き込まれているようです。

タイトルとここまで読んだ方ならおわかりの通り、そうです「Return」キーがありますよね。
大体のプレゼンは→カーソルかエンターで次のスライドへ行きます。
ということはもうPCに繋いだだけでエンターキーをリモートで押せたも同然(音量あがりますが)

もうこのまま繋いでホイホイとプレゼンが進行できるわけですよ(音量あがりますが)
ただし、戻れないのでその時はおとなしく、こっそりPCまで戻ってきて「←」を押してあげてくださいね(´ω`)
もちろんそれとなくですよ!!

ただ1番の問題はこのボリュームアップキーですね。
ここは別にBGM流したりとかSEをプレゼンに仕込んでいない方はあまり関係が無いのですが、
ホットキー設定の扱いなので、PCによっては画面上にボリュームのアイコンが出てきてしまいます。
それだとあまりにも見た目が悲しいので、自分は下記ソフトでキーボートマッピングを変えました。

AutoHotkey

こちらでボリュームアップキーを無効にしてしまうというのがスムーズかと。
(あえてのEnterを割り当ててもいいですね。iOSのボタンの方が押しやすいので)

ちなみに蛇足ですが、
このリモコンは紙芝居用だ!!レーザーポインタとかで説明が出来ないじゃないか。
という方がたまにいらっしゃいますが、、、

プレゼンという限られたスペースにぎっしり詰め込んで、
レーザーポインタ当てなきゃどこを話しているかわからないって言う状態だったら、、、
あなたのプレゼンはもう誰も見ていません。

大事なら小さくするんじゃなくて、次のスライドで大きく扱えばいいだけの話です。
グルピーングが重要とか言うのであれば、アウトラインだけ見せて、次に詳細ページがあればいいだけだと思います。

また、自分のプレゼンを読みあげるのは切ない行為なのでやめておきましょう。

プレゼンはいかに効果的なお話をするかの為のツールなので、目を細めて書いてある資料を読むより、プレゼンをアジェンダのみにして、いかに話し方や所作で相手に伝えられればそれでいいのです。

というわけで(蛇足が長いですが)こんなに手頃な無線のボタンって今まであったでしょうか。
ダイソーの凄さにはいつもやられます。(きっとこんな用途なんで考えてない)
このボタン型bluetoothスイッチは靴の中に仕込んで手ぶらでプレゼンや、タブレットの電子書籍リーダーにも使えます。
ごろ寝で本を読むときも楽です。ボタンでページがめくられるのはとても、ストレスフリー。

ボリュームアップキーの可能性ってどんどんアイディアが広がっていくと思います。
あなたも考えてみてくださいね(・ω・)ノ